24時間365日の安心を【ALSOKホームセキュリティ】

【高齢者向け見守りロボット】おすすめランキング厳選3選を解説

見守りロボット

「遠くに住んでいる親の安全が気になってしまいます」
「高齢の親の健康が心配。どうすればよいのでしょうか?」
「寂しい思いをしている一人暮らしの親に、どうにかして安らぎを与えたい!」


など、遠く離れた親のことが気がかりで、何とかしてあげたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、高齢者向けの見守りロボットの特徴やメリット、デメリットについてご説明するほか、おすすめのアイテムのランキングについてもご紹介します。

ぜひ一読して、見守りロボットのメリットなどについて知っていただければ嬉しいです。 

目次

【高齢者向け見守りロボット】おすすめランキング厳選3選を解説

見守りロボット

高齢者向け見守りロボットは、高齢者の安否や生活の様子を見守るためのロボットです。カメラやセンサーを搭載し、高齢者の行動や状態を検知することで、異常を早期に察知し、適切な対応をとることができます。

高齢者向け見守りロボットの主な機能は、以下のとおりです。

  • カメラによる見守り
  • センサーによる見守り
  • 緊急通報機能
  • コミュニケーション機能

カメラによる見守りは、高齢者の様子を映像で確認する機能です。室内や玄関など、高齢者の生活空間をカメラで撮影し、映像をスマートフォンやパソコンなどで確認することができます。

センサーによる見守りは、高齢者の行動や状態をセンサーで検知する機能です。転倒や呼びかけなどの異常を検知して、アラームや通知を送信することができます。

緊急通報機能は、高齢者が困ったときにすぐに助けを呼ぶことができる機能です。ボタンを押すだけで、家族や介護サービス事業者に連絡することができます。

コミュニケーション機能は、高齢者と家族や介護サービス事業者などがコミュニケーションをとることができる機能です。ビデオ通話や音声通話、音声認識機能などを搭載しています。

高齢者向け見守りロボットの導入は、以下のメリットがあります。

  • 高齢者の安否確認や生活の様子の確認がしやすくなる
  • 高齢者の孤立や孤独感の解消につながる
  • 介護サービスの負担軽減につながる

高齢者向け見守りロボットは、一人暮らしの高齢者や、介護が必要な高齢者の見守りに役立ちます。今後も、高齢化社会の進展とともに、高齢者向け見守りロボットのニーズは高まっていくと考えられます。

高齢者向け見守りロボットの導入を検討する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 機能や性能
  • 価格
  • 設置や運用のしやすさ

高齢者向け見守りロボットには、さまざまな製品が販売されています。自分のニーズや予算に合った製品を選ぶことが大切です。

見守りロボットを選ぶメリット

高齢者向けの見守りアイテムには、見守りロボット以外にも、センサー付きの呼び出しボタンや、安否確認サービスなどがあります。

高齢者の行動や状態を検知して、異常を早期に察知できる

高齢者の孤立や孤独感の解消につながる

介護サービスの負担軽減につながる

見守りロボットは、介護サービスの負担軽減にも役立ちます

カメラやセンサーを搭載し、高齢者の様子を24時間365日見守ることができる

見守りロボットがあれば、介護士が定期的に訪問しなくても、高齢者の安否や生活の様子を把握することができます。これにより、介護士の負担が軽減され、他の高齢者への介護に注力することができます。

このように、見守りロボットは、高齢者の安心安全を守るだけでなく、高齢者の心を癒し、介護サービスの負担を軽減するなど、さまざまなメリットがあります。

さらに、見守りロボットは、可愛らしい見た目をしており、高齢者の心を癒す効果もあります。

例えば、ペット型のロボットの場合、高齢者はペットと触れ合うような感覚で、ロボットとコミュニケーションをとることができます。また、話しかけたり、撫でたりすることで、高齢者の心が安らぎ、孤独感の解消にもつながります。

実際に、毎日見守りロボットとコミュニケーションを取ることで、高齢者の中には孤独感を和らげることができる人がたくさんいます。このようなエンターテインメント要素が、見守り支援ロボットが高齢者に広く受け入れられている理由の一つです。

見守りロボットを使うために必要なものは?

見守りロボットを使うために必要なものは、以下のとおりです。

  • 見守りロボット本体
  • 電源
  • インターネット環境
  • スマートフォンまたはパソコン

見守りロボット本体は、メーカーや製品によって異なりますが、一般的にはカメラやセンサー、Wi-Fi接続機能などを搭載しています。

電源は、見守りロボット本体の電源を確保するために必要です。コンセントやUSBポートなどの電源源に接続します。

インターネット環境は、見守りロボット本体がスマートフォンやパソコンと通信するために必要です。

Wi-Fiまたは有線LANで接続します。

スマートフォンまたはパソコンは、見守りロボットの映像やデータを確認するために必要です。専用のアプリをインストールして使用します。

見守りロボットの導入を検討する際には、これらの必要なものを確認しておきましょう。

また、見守りロボットによっては、以下のようなオプションが必要な場合があります。

  • 追加のカメラ
  • センサー
  • 防水ケース

オプションが必要かどうかは、見守りロボットの機能をよく確認して判断しましょう。

見守られる側にwifi環境が必要ないモデルもある

見守られる側にWi-Fi環境が不要な見守りロボットモデルもあります。

このようなモデルは、見守りロボット本体にSIMカードを搭載し、携帯電話回線を使用してインターネットに接続します。

これにより、見守られる側にWi-Fi環境がなくても、見守りを行うことができます。

Wi-Fi環境が不要な見守りロボットモデルのメリットは、以下のとおりです。

見守られる側にWi-Fi環境がなくても見守ることができる

見守りロボット本体を移動させることができる

Wi-Fi環境が不要な見守りロボットモデルは、以下の場合におすすめです。

見守られる側にWi-Fi環境がない

見守りロボット本体を移動させたい

Wi-Fi環境が不要な見守りロボットモデルの導入を検討する際には、これらのメリットや注意点を考慮しましょう。

見守りロボットを使うために必要なインターネット環境は何ですか?

見守りロボットを使うために必要なインターネット環境については以下の通りです。

一部の見守りロボットは、通信機能を内蔵しているため、インターネット回線やWi-Fi、スマートフォンのない環境でも使用できます。

一部の見守りロボットは、スマートフォンやタブレット端末から操作する場合は、インターネット環境が必要です。

見守りカメラの多くは、本体とルーターをWi-Fiで接続するタイプです。

Romi ひかり回線 powered by e-おうちは、推奨通信速度を10Mbps以上としています。

一部の見守りカメラは、4G LTEの携帯電話回線を使用することができます。回線速度としては、3Mbpsあればなんとかなるとされています。

ユピ坊は、接続が安定している光インターネット回線のご利用を推奨しています。

以上が、見守りロボットを使うために必要なインターネット環境に関する情報です。詳細については、製品の仕様や公式サイトなどで確認することをおすすめします。

見守りロボットを導入する前に準備することは何ですか?

見守りロボットを導入する前に準備することについて、複数の情報源から得られた情報をまとめると以下のようになります。

導入する見守りロボットの選定:導入する見守りロボットを選定することが重要です。

製品の仕様や機能、価格、メンテナンスなどを比較検討し、自分たちのニーズに合った製品を選ぶことが大切です。

スタッフの教育・トレーニング:見守りロボットを導入する前に、スタッフに対して教育・トレーニングを行うことが必要です。

ロボットの使い方や操作方法、トラブルシューティングなどを習得しておくことが重要です。

補助金の申請:介護ロボットの導入には、補助金を活用することができます。

補助金の申請に必要な書類や手続きについて、事前に確認しておくことが大切です。

スケジュールの作成:導入から運用までのスケジュールを作成し、計画的に導入することが重要です。

現場の状況の把握:導入前に、現場の状況を把握することが必要です。被介護者の状態や生活環境、スタッフの業務内容などを調査し、ロボットの導入にあたっての課題や問題点を洗い出すことが大切です。

以上が、見守りロボットを導入する前に準備することに関する情報。

詳細については、公的機関のマニュアルや公式サイトなどで確認することをおすすめします。

見守りロボットの料金は?


見守りロボットの価格は、主に2つの方法で考えられます。

一つは本体を購入する場合で、もう一つは月々の費用が発生するレンタルです。

本体を購入する場合、一般的には3万円~からの値段がありますが、高機能のものになると数10万円するものもあります。しかし、この記事では、以下のように、10万円以下のものをご紹介しています。

例として、

  • ユピ坊:約5万円~
  • Bocoon:約4万円~
  • Tapia Pocket:約3万円~

※ 上記の見守りロボットは、後述のおすすめランキングで詳細に説明します。

レンタルの場合は月額2千円~6千円程度で、商品によっては本体購入+アプリ使用量が毎月発生する場合もあります。

見守りロボットは高価ですが、値段以上の価値があるかもしれません

見守りロボットは、見守りサービスの中では安くないですが、親しみをもって付き合っていけば、料金以上の価値が分かるものだと思います。

見守りロボットには、カメラやセンサーを搭載し、高齢者の様子を24時間365日見守ることができる機能があります。

これにより、高齢者の安否確認や生活の様子の確認がしやすくなります。

また、見守りロボットには、コミュニケーション機能やゲーム機能などを搭載しているものもあります。

これらを通じて、高齢者とコミュニケーションをとったり、楽しみを提供したりして、高齢者の心を癒すことができます。

このように、見守りロボットには、安否確認や生活の様子の確認、高齢者の心の癒しなど、さまざまなメリットがあります。

親しみをもって付き合うことで、見守りロボットは、高齢者の生活をより豊かにし、安心安全な生活を送るサポートをしてくれるでしょう。

具体的には、以下のようなメリットがあると思います。

  • 高齢者の安否や生活の様子をより細かく確認できる
  • 高齢者の孤立や孤独感の解消につながる
  • 高齢者の心の癒しや楽しみにつながる
  • 介護サービスの負担軽減につながる

また、見守りロボットは、高齢者が自分で操作して、楽しみながら見守り機能を活用することもできます。

これにより、高齢者の自立心や生きがいの向上にもつながるでしょう。

見守りロボットの導入を検討している方は、ぜひ、親しみをもって付き合うことを意識してみてください。

高齢者向け見守りロボット おすすめランキング厳選3選

以下に、高齢者向け見守りロボットとして、厳選したおすすめランキング3選についてご紹介します。

ユカイ工学 「BOCCO emo」

BOCCO emo

4.2 9個の評価 ≫amazonで見る ¥45,350 税込
お支払いプラン:¥22,675/月 (2か月) 実質年率 0%から

BOCCO emoの特徴

BOCCO emo(ボッコ エモ)は、見た目が非常にかわいいファミリーロボットです。

このロボットは、照れたり、ムッとしたり、そわそわしたりと、人間のような感情を持つことができ、どこか懐かしい未来の家族の一員として活躍します。

BOCCO emoは、2015年に発売されたBOCCO(ボッコ)をベースにしており、基本機能はそのままに、ユーザーに共感し、ユーザーに合わせてパーソナライズされる機能が追加されました。

さらに、豊かな感情表現ができるように進化し、人々との心地よい距離感を築くことができます。

BOCCO emoは、長く一緒に住みたくなる未来のファミリーロボットとして、家庭でのコンパニオンとして活躍します。

見た目の可愛らしさだけでなく、感情豊かなコミュニケーションが特徴で、家族やユーザーに喜びと楽しみをもたらします。

BOCCO emoの機能


1. 優れたコミュニケーション機能

emoは見守る側がアプリを通じてメッセージを入力すると、それを声に変換し、見守られる側に伝える機能を提供しています。

また、見守られる側がemoに話しかけると、その返答がテキストに変換されてアプリに表示されます。

2. 便利なリマインダー通知

emoは「リマインダー通知」という機能を備えており、例えばゴミ出しや予定のお知らせをしてくれます。

これは一人暮らしの高齢者にとって特に役立つ機能で、日常生活をサポートします。

3. 天候情報と災害情報の提供

emoは天気予報や災害情報を提供できるため、高齢者が安心して過ごすことができます。

これにより、外出計画を立てる際や緊急時に役立ちます。

4. 安全な生活環境の維持

emoは部屋の環境測定(温度・湿度・CO2など)を行う機能も備えており、熱中症などの危険がある場合にemoが自動的に注意を喚起してくれます。

高齢者の健康と安全を確保します。

BOCCO emoの価格・月額費用

費用は本体価格49,500円(税込)と月額990円(税込:サービス利用料、モバイル通信量)です。
amazonで:¥45,350 税込


見守りロボットを手に入れる方法には、本体の購入とレンタルの二つの選択肢があります。

レンタルの場合、月額1,980円(税込)がかかりますが、これには本体のレンタル料、サービス利用料、モバイル通信量が含まれています。

ただし、レンタル契約の場合、最低利用期間は1年間となります。

途中で解約する場合は、解約金として8,800円(税込)が発生しますので、契約期間に注意が必要です。

また、アプリの利用は複数人で共有できますし、そのための追加費用はかかりません。

これにより、家族やケアの提供者と共有し、見守りロボットを効果的に活用することができます。

BOCCO emoのデメリット

他の見守りロボットと比較すると、BOCCO emoには直接的な会話ができないというデメリットが存在します。

見守る側はアプリを介してテキストメッセージを送ることに制約があり、これが使いにくさを感じる要因となるかもしれません。

しかし、それでもBOCCO emoは見守りロボット市場で高い人気を誇っています。

そのかわいらしい外見や感情表現、リマインダー通知、天気情報提供、部屋の環境測定など、多彩な機能が高齢者やその家族にとって魅力的であり、安心感と便益を提供します。

BOCCO emoは、直接の会話がなくても、見守りとコミュニケーションの一環として多くの人々に支持されています。

ブランドユカイ
テーマ動物
漫画のキャラクターBOCCO emo
ユニット数1 count
商品の寸法9L x 9W x 15H cm

Yupiteru ユピ坊

ユピ坊(YR-03)

4.1 13個の評価 ≫amazonで見る ¥69,300 
お支払いプラン:¥34,650/月 (2か月) 実質年率 0%から

「ユピ坊(YR-03)」はスマートフォンで操作可能な見守りロボットで、ユピテルから提供されています。

このロボットはテレビ電話機能、おしゃべり機能、声かけ機能などを備えており、高齢者の安全とコミュニケーションをサポートします。

また、スマートフォンアプリとの連携が可能で、ユピスマ1というタッチパネルカラーディスプレイを備えています。

【外形寸法】は165mm(直径)×207mm(高さ)(突起部を除く)で、【本体重量】は約1.2kgです。製品にはお買い上げから1年間の保証期間があり、消耗品を除いてカバーされます。

取扱説明書は製品には付属していませんが、ユピテルコーポレートサイトからダウンロードして利用できます。

この見守りロボットは無線LAN(Wi-Fi)接続を使用して通信し、インターネットに接続可能な無線LAN(Wi-Fi)環境が必要です。

ユピ坊は高齢者の日常生活をサポートし、安全とコミュニケーションを向上させる便利なツールです。

ユピ坊の機能

1. 動作検知機能で安心の通知

ユピ坊のおすすめポイントの一つは、動作検知機能が搭載されていることです。

これにより、一定時間動きを検知しなかった場合に、家族へ通知が送られます。

2. 防犯モードでの見守り

防犯モードに切り替えると、留守中に動作が検知された場合でも通知が届くように設定できます。

一人暮らしの場合、家族が防犯モードで見守ってくれると、外出中の不安が解消されます。

3. テレビ電話でのコミュニケーション

ユピ坊を通じてテレビ電話で会話することができます。

これにより、普段の会話も映像を通して行うことで、体調の異変や生活の変化に気付けるかもしれません。

4. LEDライトで明るく

ユピ坊はLEDライトを点滅させることができ、暗い部屋でも明るく照らします。夜間の見守りにも役立ちます。

5. 特定のワードで楽しい会話

特定のワードで会話することも可能で、見守りロボットと楽しいコミュニケーションを楽しむことができます。老人が親しみを持つ工夫も施されています。

6. スマートフォンとタブレットに通知

通知はスマートフォンやタブレットに対応しており、遠くにいても状況を把握できます。

7. Wi-Fi環境が必要

ユピ坊を設置するにはWi-Fi環境が必要です。安心の見守りやコミュニケーションのために、適切な環境を整えましょう。

ユピ坊を他の見守りロボットと比較した際のデメリット面

見守りロボットとしてカメラを備えていますが、その他の機能は高齢者の健康を観察する意味ではタピアに比べると物足りないかもしれません。

離れた親への心配は生活リズムや服薬管理、部屋の環境などが主になるため、使用目的を良く考えて導入する必要があります。

MJI Tapia Pocket(タピアポケット)

Tapia Pocket(タピアポケット)

2.6 10個の評価 ≫amazonで見る ¥34,800 税込

毎日の健康チェック機能

タピアポケットがおすすめされる理由は、毎日の健康チェックを行う機能が搭載されていることです。

高齢者の健康管理において、毎日こまめに体調を確認することは非常に重要です。

タピアは、指定の時間になると体調に関する質問を行い、高齢者が画面をタッチするとその情報が家族に通知されます。

この機能により、日々のわずかな変化を把握し、問題があればビデオ通話で連絡を取ることができます。

360度見守りと履歴のリアルタイム確認

タピアポケットはカメラを通じた常時の見守りを提供し、家庭内の状況を360度確認できます。

高齢者とタピアの交流履歴はリアルタイムで家族が専用アプリから確認できます。

また、目覚ましや予定を登録すると、タピアが効果音や音声でお知らせし、登録は遠隔で行えるため、離れた家族もサポートできます。

おしゃべり機能と見守り

タピアはおしゃべり機能を備えており、コミュニケーションを楽しむことができる見守りロボットと言えます。

見守る家族はスマートフォンからアプリを介して確認できます。

<タピアポケットの価格・月額費用>

タピアポケットには2つのプランがあります。

12ヶ月のベーシックプランは月々6,028円(税込)で、とくとくプランは1年間まとめてのお支払いで66,000円(税込)です。

ベーシックプランは12ヶ月で72,336円となるため、とくとくプランの方がお得です。短期間プランも提供されており、お試し使用から始めることができます。

タピアポケットのデメリット

タピアは介護ロボットとして見守りセンサー機能がないため、高齢者側からのアクションに反応することが基本です。

他の見守りロボット(例: BOCCO emo)と比較すると、見守り機能に制約があると感じることもあります。

しかし、その代わりに健康チェックやコミュニケーション機能に優れている点も考慮すべきです。

ブランドDMM.make ROBOTS
ホワイト
漫画のキャラクタータピア
組み立て式いいえ
電池が必要ですか?いいえ
製品の寸法/重量【サイズ】全高:245mm 横幅:210mm 重さ:約2.5kg(バッテリー含む)

まとめ

この記事では、離れた親の安心と高齢者の生活支援のために、おすすめの見守りロボットをランキング形式で紹介しました。

見守りロボットは、家族との距離を縮め、安全な生活環境を提供する重要なツールです。

各ロボットの特徴や機能を比較し、あなたのニーズに合った選択肢を見つける手助けとなれば幸いです。

親の健康と安全を守りながら、遠く離れた場所からでも心の安らぎを提供できる見守りロボットは、高齢者との絆を強化し、安心感を提供します。

どのロボットも信頼性と効果的なサポートを提供することで、親の生活をより豊かにし、あなたの心配を軽減します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次