24時間365日の安心を【ALSOKホームセキュリティ】

ALSOKホームセキュリティの使い方や料金は?使用方法も解説

悩んでいる人

離れて暮らす高齢の両親を見守るサービスがあったら教えてほしい

タカトシ

両親に何かあったときに、心配ですよね。

両親と離れて暮らすかたへ、この記事ではアルソックの「見守りサービス」を紹介しています。

見守りサービスを提供しているアルソックの「ALSOKホームセキュリティ」をご存じですか?

ALSOKホームセキュリティは、緊急時にボタンを押すだけで、24時間365日、ガードマン(警備員)が駆けつけてくれる見守りサービスです。

この記事では、ALSOKホームセキュリティの利用方法や特徴について解説しています。

目次

ALSOKホームセキュリティの使い方や料金は?使用方法も解説

警備会社が提供する見守りサービスは、遠方に住む親の安全を確保するための頼りになる選択肢です。

このサービスでは、基本的な見守り用デバイスが契約先の会社から貸し出されるか、購入され、これを介して遠隔地に住む親の状況を監視できます。

ALSOKホームセキュリティのスペック

ALSOKホームセキュリティは、ご高齢者の安否確認や健康管理をサポートするサービスです。

主な機能

  • 緊急通報:ボタンを押すだけで、24時間365日、全国の待機所から最も早く到着可能
  • みまもり情報提供:ご家族に安否確認や生活リズム、熱中症、認知症などの情報伝達
  • ヘルスケア相談:24時間いつでも看護師に健康相談可能

料金

  • みまもりサポート:月額1,870円(お買い上げプラン)、月額2,960円(ゼロスタートプラン)
  • みまもりパック:月額2,000円(レンタルプラン)

オプション

  • ライフリズム端子:ご利用者の生活リズムを把握し、異常を検知した場合に警報を発します。
  • 見守りカメラ:ご自宅内の様子をカメラで確認できます。

特徴

  • 24時間365日、万が一の際にも迅速な対応が可能です。
  • ご家族に安否確認や生活リズムなどの情報をメールでお知らせすることで、安心感を高めることができます。
  • 24時間いつでも看護師に健康相談できるため、体調が気になるときも安心です。

対象者

  • ご高齢者の方
  • 一人暮らしの方
  • 認知症や介護が必要な方

利用シーン

  • 自宅で過ごすご高齢者の安否確認
  • 一人暮らしのご高齢者の安全確保
  • 認知症や介護が必要な方のサポート

ALSOKホームセキュリティの基本サービス

サービスを利用するためには、親の家に特定のコントローラーを設置。コントローラーは非常にシンプルで、高齢者にも使いやすいデザインとなっています。

コントローラーには右側にあるオレンジ色の「緊急」ボタンが特に注目されます。

このボタンを押すことで、急な体調不良やケガの際にALSOKの警備員が迅速に駆け付けてくれます。

さらに、事前に持病やかかりつけの病院情報を登録しておけば、救急搬送が必要と判断された場合、迅速な引継ぎが可能となり、救急隊員へのサポートが行えます。

警備会社の見守りサービスは、高齢者の安全と健康を確保するための強力なツール、遠方に住む親や家族の安心感を高めましょう。

オプションとして警備員駆け付け可能

  • 首に引っ掛ける無線型のペンダントを導入し、非常時にペンダントのスイッチを押した場合
  • 天井に取り付けたセンサーにより火災やガス、煙を感知した場合
  • ドアなど普段使用する箇所に取り付けたセンサーが反応しなかった場合

 

首に引っ掛ける無線型のペンダント↓↓

24時間いつでも相談できるヘルスケアサービス(基本サービス)

ALSOKホームセキュリティには、前述のコントローラーの左側にある青い「相談」ボタンが備わっており、24時間駐在している看護師などの専門スタッフが待機するコールセンターに直結します。

「相談」ボタンを押すことで、健康に関する問題だけでなく、栄養や医療機関の案内など、さまざまな側面で専門家に相談できます。

家族や親が安心して日々を送るためのサポートが、備わっています。

熱中症、および災害アラート機能(オプション)

ALSOKホームセキュリティには、追加料金なしで以下のサービスを受けることができます。

コントローラーには温湿度計が備わっており、熱中症リスクを防ぐことができます。

見守り情報提供サービス(オプション)

その他にも、離れて暮らす親の健康と安全を確保するためのオプションサービスが利用できます。

センサーによる室内の監視: 家の中にセンサーを設置し、遠方の親の生活に変化がないかを自動的に報告します。

たとえば、ドアが長時間開いたままになった場合や、特定のエリアに長時間滞在した場合など、異常なパターンを検出し、通知を送信します。

見守りタグによる位置情報の把握: 親が普段身につけるものに取り付ける「見守りタグ」を使用して、親の位置情報をリアルタイムで把握できます。

親の生活を見守り、安心感を高めるための有用なツールとして活用できます。

ALSOKホームセキュリティの料金

ALSOKホームセキュリティは、万が一の緊急事態に迅速に対応し、普段の生活を見守る信頼性の高いサービスです。

その価格は契約方法によって大きく異なります。

基本サービス(緊急駆け付け、ヘルスケアサービス)の契約方法と費用について以下にまとめました。

ALSOKホームセキュリティの価格は、選択したプラン、契約期間、および追加オプションによって変動します。

契約形態月額料金工事費機器費
お買い上げプラン
(維持費を抑える場合)
1,870円13,200円52,800円
レンタルプラン
(機器をレンタルしたい場合)
2,750円13,200円
ゼロスタートプラン
(初期費用を抑える場合)
2,970円
引用:アルソック公式サイト

※各費用は税込

ALSOKホームセキュリティには、3つの異なる契約形態が用意。

これらの契約形態は、各家庭の状況やニーズに合わせて選ぶことができます。

今回は、ゼロスタートプランと呼ばれる基本プランをベースに、オプションを追加した場合の一例を詳しく見ていきます。

ゼロスタートプラン:

このプランでは、基本的な見守りサービス(緊急駆け付けやヘルスケアサービスなど)が提供されます。

月々の固定料金で利用でき、予算を抑えながら安心感を得ることができます。

オプション追加:

ゼロスタートプランには、さまざまなオプションを追加できます。

一例として、非常ペンダントや火災監視、ライフリズム監視、見守り情報提供があり、ALSOKホームセキュリティは基本プランに追加オプションを組み合わせることで、個々のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

家族や親の状況に応じて最適なプランを選び、安心感と安全を確保しましょう。

オプション月額料金月額料金中の追加費用オプション概要
基本サービス2,970円0円
+非常ペンダント3,124円154円携帯できるスイッチで
駆け付けサービスが使用可
+火災監視3,355円385円火災があった場合
自動で警備会社に通報
+ライフリズム監視3,597円627円異常な生活パターンを
感知し警備会社に通報
+見守り情報提供
(空間センサー使用)
3,806円836円毎日の生活状況を
定期的に連絡
+見守り情報提供
(みまもりタグ使用)
3,564円594円室外でも見守りが可能
+通信回線搭載モデル使用4,070円1,100円電話回線がない場合は
こちらを選択

※各費用は税込

より詳しく知りたい方は以下のリンク先から無料で資料を請求できますよ。

ALSOKホームセキュリティのメリット

これまでのサービスの内容を踏まえて、ALSOKホームセキュリティのメリットとデメリットを見てみましょう。

24時間365日の安心対応

緊急通報ボタンを押すと、24時間365日、全国の待機所から最も早く到着できるガードマン(警備員)が駆けつけます。

また、体調が悪くなったときや、認知症の症状が出たときなど、緊急時に迅速な対応を期待できます

ご家族への安心情報提供

安否確認や生活リズム、熱中症、認知症などの情報をご家族にメールでお知らせします。

ご家族は、ご利用者の安否や健康状態を常に把握することができ、安心感を高めることができます。

24時間いつでも看護師への健康相談

24時間いつでも看護師に健康相談できます。

体調が気になるときや、介護や認知症に関する相談など、ご利用者やご家族の不安を解消することができます。

具体的には、以下の場面でメリットを発揮します。

  • ご高齢者が一人暮らしの場合、緊急通報ボタンを押すことで、万が一の際にも迅速に助けを呼ぶことができます。
  • ご家族が遠方にお住まいの場合、みまもり情報提供によって、ご利用者の安否や生活リズムを常に把握することができます。
  • 認知症の症状が出ているご高齢者の場合、ライフリズム端子や見守りカメラによって、ご利用者の生活リズムを把握し、異常を早期発見することができます。

ALSOKホームセキュリティは、ご高齢者の安否確認や健康管理をサポートするサービスとして、多くのメリットを有しています。

ALSOKホームセキュリティのデメリット 

ALSOKホームセキュリティのデメリットは、主に以下の3つです。

事前の準備が比較的大掛かり

緊急通報ボタンやみまもりタグなどのデバイスを設置する必要があります。また、電源やインターネット環境の確保も必要です。

オプションをつけると費用がかさむ

ライフリズム端子や見守りカメラなどのオプションをつけると、月額料金がさらに高くなります。

固定電話回線が必要

サービスの利用には、固定電話回線が必要です。固定電話回線がない場合は、オプションで回線を用意する必要があります。

具体的には、以下の場面でデメリットが発生します

  • ご高齢者やご家族がITに不慣れな場合、事前の準備が難しい場合があります。
  • オプションを活用することで、費用を抑えることができますが、不要なオプションをつけてしまうと、費用がかさむことになります。
  • 固定電話回線がない場合は、オプションで回線を用意する必要があります。

ALSOKホームセキュリティは、ご高齢者の安否確認や健康管理をサポートするサービスとして、多くのメリットを有していますが、デメリットも考慮して、導入を検討する必要があります。

デメリットには以下の対策を講じることができます

  • 事前の準備をサポートしてくれる業者に依頼する
  • オプションは必要最低限に抑える
  • 固定電話回線がない場合、回線付属オプションを利用する

まとめ

「みまもりサポート」は、高齢の親を安心して見守るための優れたサービスです。

この記事では、特徴や料金、オプションについて詳しく解説しました。高齢者の安全と健康は家族にとって最優先に大切なことだと思います。

親御さんが安心して過ごせるために、健康と安全を守る「ALSOKホームセキュリティ」を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次